一人で会社を立ち上げ、運営を一人でやっていく記録

一人社長の為さぬは人の為さぬなりけり

Apple

macOSを外付けHDにインストールしてみる

投稿日:

Mac

Free-Photos / Pixabay

最近、我が家のiMacの調子がすこぶる悪いので、万一の事を考えて復元出来るようにバックアップを作成する事にしました。もう何年も使っているタイムカプセルがあるのですが、こちらは一から復元するのに恐ろしく時間がかかってしまうのでUSBのHDDに作ってみようと思います。という訳でまずは、外付けHDDからブート出来るようにmacOSをインストールします。

macOSをダウンロード

まずは、macOSをAppStoreからダウンロードします。

macos-download

ディスクユーティリティでHDDをフォーマットする

macOSのダウンロードは少し時間がかかるので、その間に「ディスクユーティリティ」を起動して、外付けHDDをフォーマットしましょう。

diskutil-format

外付けHDDにmacOSをインストール

ダウンロードが終了したら、インストーラーが立ち上がるのでフォーマットが完了した外付けHDDにインストールします。

diskutil-format

内臓ストレージで起動する

インストールが終了すると、外付けHDDでブートされますので、内臓ストレージでブートし直します。「システムを終了」して電源を入れ直した時に「option キー」を押しっぱなしにするとStartup Managerが起動して、起動ディスクが選べるようになるので内臓ストレージを選択すれば完了です。

まとめ

これで、もし内臓ストレージが起動できなくなったとしても外付けHDDでの起動が可能になりました。あとはここにヨッコラセとファイル一式を引っ越してしまえば、万が一内蔵ストレージが逝ってしまっても起動が出来るぞと。

-Apple
-

Copyright© 一人社長の為さぬは人の為さぬなりけり , 2019 All Rights Reserved.