一人で会社を立ち上げ、運営を一人でやっていく記録

一人社長の為さぬは人の為さぬなりけり

ブログ作成

WordPressを再インストールする(エックスサーバー版)

更新日:

パソコン

WordPressを使っているうちに、色々不具合が起きる場合があります。プラグインの相性が悪かったり、テーマを弄っていると、どうしても起きる問題ではあります。問題点を見つけて解消するのもいいのですが、もうめんど臭い!という時は一度再インストールしてしまうのも一つの手ではあると思います。

という事で、今回はWordPressを再インストールしてみます。

あ、途中で問題が起きて復元不能になってしまう可能性もありますので、その点は自己責任でお願いいたします。

まずは、バックアップ

WordPress本体のバックアップ

では、まずはバックアップを取ります。エックスサーバーの場合はいたって簡単です。

まずは、エックスサーバーにログインします。メニューに「バックアップ」がありますので、そちらをクリック。

xserver_menu

対象ディレクトリを選んで「ダウンロード」

メニューデータベースバックアップ

任意の場所に保存して、これでWordPress本体のバックアップは完了です。その次にデータベースのバックアップを取ります。

データベースのバックアップ

メニューデータベースバックアップ

こちらも「MySQLバックアップ」というメニューがありますので、こちらをクリック。

中から、対象のWordPressで使用しているデータベースを選んで「エクスポート実行」。もしWordPressのデータベースがわからない場合は、WordPress内にあるwp-config.php内に書かれているので、FTPソフトかエックスサーバーのファイルマネージャーを使って調べてください。

wp-configphp位置

これでバックアップは完了です。

WordPressを削除する

バックアップが終わったらWordPress本体を削除します。

WordPress本体の削除

エックスサーバーの管理画面から「WordPress簡単インストール」をクリック。

WP簡単インストール

そうすると、ドメイン選択画面が出ますので、対象のドメインを「選択する」

WPインスール一覧

一番右に「削除」ボタンがありますので、これをクリック。確認画面が出ますので、「アンインストール(確定)」を押します。これでWordPress本体は削除されました。この時、削除されていないファイルがあり、それが必要ないファイルであるならばFTPソフトでフォルダ内を確認し削除してしまいましょう。

データベースの削除

WordPressを簡単インストールをする場合、データベースが残っている場合はインストール出来ないので、データベースも空にします。

phpmyadmin_menu

メニューから「phpmyadmin」を選択。ログインしたら、

対象のデータベースを選択し、「すべてチェックする」で全選択した後「チェックしたものを:」プルダウンで削除を選び「実行」します。これでデータベースが空になります。

これで再インストールの準備は完了です。

WordPressの再インストール

では、またエックスサーバーのサーバーパネルに戻り、再度「WordPress 簡単インストール」を選択。対象のドメインを選択して、「WordPressのインストール」タブをクリック。

WP簡易インストール画面

「ブログ名」、「ユーザ名」、「パスワード」、「メールアドレス」は、変更無ければ以前のままのものを使えばいいと思います。データベースは「作成済みのデータベースを利用する」を選択。「データベース名」を以前使っていたデータベースを選択。「データベースユーザ名」と「データベース用パスワード」もそのままでいいかと思います。

全て入力を終えたら「インストール(確認)」をクリック。

確認画面が出ますので、良ければ「インストール(確定)」をクリックします。

これでインストールが完了しましたので、ここにコンテンツを加えて行きます。

データベースのインポート

まずはデータベースのインポートです。再び「phpmyadmin」にログインします。使用するデータベースを選択して一旦全てを削除します。再インストール前に接頭辞を変えてない場合は上書きしてしまうので削除しなくても大丈夫です。

データベースインポート

次に「インポート」タブをクリック。「インポートするファイル」で「アップロードファイル:」を選択して「ファイルを選択」をクリックします。最初にバックアップしたデータベースファイルを選択して、他はデフォルトのままで大丈夫なので「実行」をクリックします。おそらくは、何も問題がないまま「インポートは正常に終了しました。」をいうメッセージが出てくると思います。

これでデータベースのインポートは終了しました。もし、接頭辞を変更してあるのでしたら、「wp-config.php」を編集して変更してください。

コンテンツのインポート

最後に、テーマ、プラグイン、メディアのインポートをします。最初にしたバックアップデータから復元します。エックスサーバーのファイルマネージャーよりFTPクライアントソフトを使った方が簡単だと思います。

テーマのインポート

最初に行ったWordPress本体のバックアップを解凍します。public _htmlフォルダの中のwp _contentフォルダの中にthemesフォルダがありますので、その中から使用するテーマをサーバー上のthemesフォルダの中にアップします。

アップロードが終わったら、WordPress管理画面から外観→テーマと移動すると、アップされたテーマが出てきますので、使用するテーマを有効にして完了です。

プラグインのインポート

同じようにwp _contentフォルダの中のpluginsフォルダから使用するプラグインをサーバー上のpluginsフォルダに入れて、WordPressの管理画面から有効にします。

メディアのインポート

最後にwp _contentフォルダ内のuploadsの中のファイルを全てサーバー上のuploadsフォルダに入れれば終了です。

まとめ

やってみると意外と時間もかからず終わります。今回はエックスサーバーでの作業方法でしたら、他のレンタルサーバーでも手順自体はそんなに変わらないと思います。
あまりにも調子が悪い時はパソコンのOSと同様クリーンインストールしてみるのも一つの方法だと思います。

-ブログ作成
-

Copyright© 一人社長の為さぬは人の為さぬなりけり , 2019 All Rights Reserved.